放歌高吟

感情のないままに。

  1. 微笑みの道

    午後の陽射し 心を溶かす街並み彩る 夏の風暖簾に腕押し 店先の扉そっと開くと 新たな世界微笑みが誘う 穏やかな時心に響く 幸せの音伺…

  2. 風と声の舞台

    風が吹く 届かない声数奇な運命 抱えて白い雲に 導かれながら果てしない旅 続く日々北風 西風 南風聞いて聞かない 馬耳東風木綿 絹ご…

  3. 過ぎ去りし季節

    過ぎ去りし季節を振り返れば光陰矢の如し 忘れられぬ思い出五月雨が降り注ぐあの日のこと心に深く 刻まれたまま流れる時間は止まらずに僕らは歩…

  4. 雨に消えた思い

    濡れた窓に映る街の灯り心の中で揺れる孤独な夜昨日の夢が消える前に捲土重来の意志に立ち上がろう憂鬱な空気が広がる季節に心の奥で秘めた想いが…

  5. 刻まれた約束

    遠い記憶の中で出逢った石の上にも三年の約束時の流れと共に過ぎ去りいつしか夏の日は遠く胸に刻んだ言葉が響く水無月の雨が降り注ぐ街で幼き…

  6. 絡み合う糸

    絡み合う糸 紡いでゆく時の流れに 魂重ねる運命の糸は この手で紡ぐ三つ子の魂百まで続く人生の舞台で出会いと別れを 繰り返し時に齟齬を…

  7. 遠い夜の光

    夜空に浮かぶ星が寂しさを連れて来る対岸の火事の煙も心に重くのしかかる遠く遠く彼方に輝く希望の光見えないけれど信じて歩き続けよう…

  8. 狐色の空

    面目を施す その笑顔で狐色の空に 想い馳せて葛藤の中で 揺れる心迷い込んだ 杞憂の闇駆け抜ける風に 翻る気持ち解き放つ痛みが 胸を満たす…

  9. Tacos of Love

    恋に落ちた気分で こねくり回す心の中で 秘密のレシピ辛さと甘さの 黄金バランス入れる具材で 精を出す広げるトルティーヤ 野菜を並べて肉を…

  10. 永遠の夜明け

    眠れぬ夜 闇に包まれて孤独な心 嘆きの声何をすればいい どこへ行けばいい枚挙に暇がない 迷いの中でいつかきっと 朝日が昇る闇を照らし 希…

最近の記事

  1. 競馬場で感じたサラブレッドの美しさと勇気
  2. 懐かしい思い出のアルバム
  3. 世界地図に想いを馳せて
  4. 日本とAIの未来
  5. 少子化問題について真剣に考える

アーカイブ

凡眼

  1. 放歌高吟

    黄昏の祈り
  2. 舞文曲筆

    仕事と家族
  3. 舞文曲筆

    思いがけない再会
  4. 舞文曲筆

    思わぬ出会い
  5. 放歌高吟

    永遠のビーナス
PAGE TOP