放歌高吟

感情のないままに。

  1. ふるさとの風

    この道を歩く度 思いを馳せる遠く離れた故郷 懐かしい景色夕暮れ時のあの丘 何度も登った誰かと手を繋いで 歩いたあの日ふるさとの風が 私を包む…

  2. 夢の続き

    昨日見た夢の続きまだ見えているような気がして何度も目を閉じてみたでももう一度は見られない思い出す度に胸が痛むあの日の約束が蘇る悔しさ…

  3. 天翔ける魂

    暗がりを照らす一筋の光運命の歯車が動き出す不確かな未来を乗り越えて天翔ける魂は立ち上がる粉骨砕身 ただ一つの信念限りなき闘志 胸に秘めて…

  4. いつか着く場所へ

    時に挫けそうになっても歩くことをやめないように目の前には見えなくても諦めることはしないよ五十歩百歩、前進するだけ風が吹いても揺らがない…

  5. 思い出の春

    あの日の桜の花 舞い散る風に揺れて誓った二人の愛は 今も心に残る時が過ぎ 歳月流れ 今も春は訪れる思い出の中で逢える あなたの笑顔が眩しい悲…

  6. 誓いの鐘

    静かな夜に響く鐘の音未来を呼び起こすように昔誓った約束を思い出す未曾有の時代を生きるため心に響く誓いの鐘が導く未来の扉へ想いは永遠に…

  7. 蒼い夜に

    蒼い夜に ただ漂って僕らは今も 迷っている出口のない 迷路の中で試行錯誤 何度も立ち止まる消えない痛みを 抱えたまま明日を探す 闇の中で…

  8. 消えない夜の記憶

    悲しみを抱えて 歩き続けた痛みが消えない この夜は長すぎる過去の記憶が 心を縛ってる一朝一夕じゃ 解けないものばかり誰かが教えてくれた言…

  9. 虚構の果て

    孤独な夜 暗闇の中で 迷い込んだ この心は傷つけ合う 世界に飲まれて 消えゆく光臨機応変に 夢を追いかければ 光は蘇る虚構の果てに 僕らは自由を…

  10. 未来の風を追いかけて

    今日も輝く街並み 人々の笑顔が眩しいこの場所で生きる意味を 僕は見つけたんだだけど時には迷いも 未来への不安も君と切磋琢磨して 一歩ずつ進んでき…

最近の記事

  1. 競馬場で感じたサラブレッドの美しさと勇気
  2. 懐かしい思い出のアルバム
  3. 世界地図に想いを馳せて
  4. 日本とAIの未来
  5. 少子化問題について真剣に考える

アーカイブ

凡眼

  1. 舞文曲筆

    初めてのスカイダイビング
  2. 舞文曲筆

    予期せぬトラブル
  3. 放歌高吟

    狐色の空
  4. 舞文曲筆

    仕事と家族
  5. 舞文曲筆

    新しい茶碗を作るために陶芸教室へ
PAGE TOP