旅路の果てに

山々を越え を渡り
遠い旅路を続けてる
今もも変わらぬ景色
に刻んでいく

旅路の果てには 何が待っているのか
出会いと別れの涙が を痛めるけれど
温故知新の思い 胸に秘めて
新たな明日を 信じて歩く

人生の道 には険しく
迷いながらもへ進む
あの約束を 胸に誓い
決して諦めない

旅路の果てには 何が待っているのか
出会いと別れの涙が 心を痛めるけれど
温故知新の思い 胸に秘めて
新たな明日を 信じて歩く

孤独な夜に 立ち止まることもあるけれど
胸に灯す 勇気の灯火が 導いてくれる

旅路の果てには 何が待っているのか
出会いと別れの涙が 心を痛めるけれど
温故知新の思い 胸に秘めて
新たな明日を 信じて歩く

旅路の果てには 光が差し込む
新しい世界が広がっていく
温故知新の思いを 胸に秘めて
明日への道を 進んでいく

最近の記事

  1. 競馬場で感じたサラブレッドの美しさと勇気
  2. 懐かしい思い出のアルバム
  3. 世界地図に想いを馳せて
  4. 日本とAIの未来
  5. 少子化問題について真剣に考える

アーカイブ

凡眼

  1. 放歌高吟

    孤独のカケラ
  2. 放歌高吟

    黄昏の祈り
  3. 放歌高吟

    消える世界
  4. 舞文曲筆

    初めてのスカイダイビング
  5. 放歌高吟

    狐色の空
PAGE TOP