心のブレーキ

君と出逢った あのから
のブレーキが 効かなくなった
に落ちた の中で
が過ぎても 止まらない

朝三暮四 時が過ぎるのを忘れて
君といると 心地いい
思い出すたびに がドキドキして
心のブレーキが きかなくなる

君と過ごす ひとときは
いつも楽しくて 切なくて
時が経つのを 怖く感じる
止まらない時を 止めたくて

朝三暮四 時が過ぎるのを忘れて
君といると 心地いい
思い出すたびに 胸がドキドキして
心のブレーキが きかなくなる

でも急ぐことは ないかもしれない
君がいる今が 一番幸せかもしれない

朝三暮四 時が過ぎるのを忘れて
君といると 心地いい
思い出すたびに 胸がドキドキして
心のブレーキが きかなくなる

心のブレーキが きかなくなっても
君と一緒に 進んでいける

最近の記事

  1. 競馬場で感じたサラブレッドの美しさと勇気
  2. 懐かしい思い出のアルバム
  3. 世界地図に想いを馳せて
  4. 日本とAIの未来
  5. 少子化問題について真剣に考える

アーカイブ

凡眼

  1. 放歌高吟

    未来の風を追いかけて
  2. 放歌高吟

    夢の続き
  3. 舞文曲筆

    新たなチャレンジの始まり
  4. 放歌高吟

    遠い夜の光
  5. 放歌高吟

    心のブレーキ
PAGE TOP