狐色の空

面目を施す その笑顔で
狐色の空に 想い馳せて
葛藤の中で 揺れる
迷い込んだ 杞憂の闇

駆け抜けるに 翻る気持ち
解き放つ痛みが を満たす

あまのじゃくな姿で 情熱を抱いて
つけ合う日々さえも 輝きに変えよう
狐色の空に 羽ばたきたい
自由なで を追いかけよう

言葉の鎧に 包まれても
心の声は 届かずにいた
葛藤の中で 迷い続けて
求めていた 真実の意味

最近の記事

  1. 競馬場で感じたサラブレッドの美しさと勇気
  2. 懐かしい思い出のアルバム
  3. 世界地図に想いを馳せて
  4. 日本とAIの未来
  5. 少子化問題について真剣に考える

アーカイブ

凡眼

  1. 放歌高吟

    遥かなる未来へ
  2. 放歌高吟

    心のブレーキ
  3. 舞文曲筆

    リモートワークの悩みと解決策
  4. 舞文曲筆

    少子化問題について真剣に考える
  5. 放歌高吟

    思い出の春
PAGE TOP