新しい茶碗を作るために陶芸教室へ

今日は、陶芸教室に行ってきました。今使っている茶碗は手頃なサイズ感のものではなく、ちょっとしたストレスになっていたので、やや大きめの茶碗を自分で作ろうと考えたのです。

まず、教室の先生から、大きめの茶碗を作る際に注意する点について説明を受けました。大きすぎると使いにくいため、自分の手に合わせたサイズにすることが重要だとのことでした。

その後、陶芸ホイールに座り、手を慣らしながら、茶碗を作り始めました。最初は、想像以上に難しく、形が崩れてしまうことが何度もありましたが、先生からアドバイスをもらい、徐々に形が整ってきました。

時間が経つのも忘れて、夢中で作業をしていたら、あっという間に完成しました。大きさも手頃な感じで、形もまあまあ満足できるものに仕上がったと思います。

作品を乾燥させた後、窯に入れて焼いてもらいました。来週には完成品を受け取る予定です。楽しみに待ちたいと思います。

新しい茶碗が出来上がるのが待ち遠しいです。自分で作った茶碗を使うと、なんだか心が落ち着きます。また、陶芸に興味を持った友人にも自慢したいと思います。

最近の記事

  1. 競馬場で感じたサラブレッドの美しさと勇気
  2. 懐かしい思い出のアルバム
  3. 世界地図に想いを馳せて
  4. 日本とAIの未来
  5. 少子化問題について真剣に考える

アーカイブ

凡眼

  1. 舞文曲筆

    家族でのんびり過ごす休日
  2. 舞文曲筆

    包丁男を捕まえた
  3. 舞文曲筆

    日本とAIの未来
  4. 放歌高吟

    時代の流れに身をまかせ
  5. 舞文曲筆

    忙しくも充実した一日
PAGE TOP