刻まれた約束

遠い記憶の中で出逢った
石の上にも三年約束
の流れと共に過ぎ去り
いつしかは遠く

に刻んだ言葉が響く
水無月が降り注ぐ街で
幼き日々を思い出すように

過ぎ去った季節を抱きしめ
紡いだ思いは消えはしない
心の奥底に刻まれた
二人だけの約束

時が経つにつれ変わるもの
でもこの想いは揺るがない
季節がめぐり舞うたびに
あの日の約束を思い出す

に宿る言葉が響く
水無月の雨に濡れた街で
迷わずに進む勇気を

過ぎ去った季節を抱きしめ
紡いだ思いは消えはしない
心の奥底に刻まれた
二人だけの約束

いくつの季節を越えても
変わらぬ想いを胸に
石の上にも三年の約束
ずっと続いていく

過ぎ去った季節を抱きしめ
紡いだ思いは消えはしない
心の奥底に刻まれた
二人だけの約束

刻まれた約束が導く
明日へと続く道のり
水無月の雨に濡れたまま
未来へと歩き出そう

最近の記事

  1. 競馬場で感じたサラブレッドの美しさと勇気
  2. 懐かしい思い出のアルバム
  3. 世界地図に想いを馳せて
  4. 日本とAIの未来
  5. 少子化問題について真剣に考える

アーカイブ

凡眼

  1. 舞文曲筆

    家族でのんびり過ごす休日
  2. 放歌高吟

    破滅の夜に
  3. 舞文曲筆

    気分転換の旅
  4. 放歌高吟

    人生の開拓者
  5. 放歌高吟

    夢の続き
PAGE TOP