微笑みの道

午後の陽射し を溶かす
街並み彩る 
暖簾に腕押し 店先の扉
そっと開くと 新たな世界

微笑みが誘う 穏やかな
心に響く 幸せ
伺うために歩く この道を
希望の光が 導いてくれる

出会いと別れ の流れ
絡み合う思い 繋がる糸
暖簾に腕押し 笑顔が出迎え
心地良い空気 包まれて

遠くから聞こえる 笑い声と
街中溢れる 愛の響き
時が止まったような この瞬間
心が満たされる 幸せを感じる

微笑みが誘う 穏やかな時
心に響く 幸せの音
伺うために歩く この道を
希望の光が 導いてくれる

微笑みの道 永遠に続く
暖かな場所 ずっと見つける
伝えたい思い 歌に込めて
微風に乗せて 届けたい

最近の記事

  1. 競馬場で感じたサラブレッドの美しさと勇気
  2. 懐かしい思い出のアルバム
  3. 世界地図に想いを馳せて
  4. 日本とAIの未来
  5. 少子化問題について真剣に考える

アーカイブ

凡眼

  1. 舞文曲筆

    5月の終わり
  2. 放歌高吟

    狐色の空
  3. 舞文曲筆

    初めてのスカイダイビング
  4. 舞文曲筆

    火災報知器の鳴り止まない日
  5. 舞文曲筆

    膝の痛み
PAGE TOP