雨に消えた思い

濡れた窓に映る街の灯り
の中で揺れる孤独な夜
昨日が消える
捲土重来の意志に立ち上がろう

憂鬱な空気が広がる季節に
心の奥で秘めた想いが騒ぐ
梅雨の雨音がに語りかける
再び始まる勇気を感じている

響く雨の音 に響く
流れる涙も 捲土重来
過ぎ去った日々が力に変わる
闇の中で輝く勇気と希望

雨粒が頬をなでる度に
過去の傷痕が痛み出す
けれど振り返らずに進むよ
悔いのない明日に入れるために

濡れたが頬に伝うように
自分自身を信じて進む勇気を
梅雨の季節に芽生える感情
再び目覚める力を感じている

響く雨の音 胸に響く
流れる涙も 捲土重来
過ぎ去った日々が力に変わる
闇の中で輝く勇気と希望

時には悲しみも 忘れたくて
強くなれる痛みも 必要だと
雨上がりの空に が架かるように
逆境を乗り越えてゆくんだ

響く雨の音 胸に響く
流れる涙も 捲土重来
過ぎ去った日々が力に変わる
闇の中で輝く勇気と希望

捲土重来の意志に立ち上がろう
梅雨が去り晴れた未来を迎えよう

最近の記事

  1. 競馬場で感じたサラブレッドの美しさと勇気
  2. 懐かしい思い出のアルバム
  3. 世界地図に想いを馳せて
  4. 日本とAIの未来
  5. 少子化問題について真剣に考える

アーカイブ

凡眼

  1. 舞文曲筆

    肉食会議
  2. 放歌高吟

    心のブレーキ
  3. 舞文曲筆

    5月の終わり
  4. 放歌高吟

    思い出の春
  5. 放歌高吟

    刻まれた約束
PAGE TOP