消える世界

夜に溶ける影に 消える世界を見た
銀色に光る刃で 削ぎ落とした日々を
街を貫くが 哀しく吹き抜ける
時代の波に 揉まれながら生きてく

空は青く高く 未来を映していた
若きの僕らは そのを追いかけた
つき 時に失くしたものもある
だけど今はここに 誰かを想うように

に濡れた夜に 夢を見るように
今も君のことを に抱いている
変わりゆく時代に 躊躇いながら生きてる
杞憂ばかり抱いて 進む道を選ぶ

消える世界の中で 僕らは何を見るだろう
揺れ動く未来を ふたりで見つめ合ってる

最近の記事

  1. 競馬場で感じたサラブレッドの美しさと勇気
  2. 懐かしい思い出のアルバム
  3. 世界地図に想いを馳せて
  4. 日本とAIの未来
  5. 少子化問題について真剣に考える

アーカイブ

凡眼

  1. 舞文曲筆

    5月の憂鬱
  2. 放歌高吟

    翼を広げて
  3. 舞文曲筆

    水族館で見た花
  4. 舞文曲筆

    日本とAIの未来
  5. 放歌高吟

    消える世界
PAGE TOP