迷い込んだタクシー

今日は、予定していた場所に行くためにタクシーに乗った。
運転手さんには、私が行きたい場所の住所を伝えていたが、どうやら彼自身がその場所について詳しく知らなかったらしく、途中から道に迷ってしまった。
私も地理に疎く、どの方向に進んでいるのか分からなくなってしまった。タクシーの中は静まりかえっていて、運転手さんも私も何も言葉を発しないまま進んでいった。

しばらく進むと、運転手さんが道を聞きに下車しようとしたが、その時に偶然目に入った看板によって、目的地が少し分かったようだった。その後、運転手さんは手早く方向転換をして、すぐに目的地に到着することができた。

道に迷ってしまったことで、少し時間がかかってしまったが、運転手さんが親身になって対応してくれたおかげで、急いでいた私も何事もなかったかのように予定通りに終えることができた。
思わぬトラブルに遭遇したが、運転手さんの助けによってスムーズに解決できたことに感謝している。

最近の記事

  1. 競馬場で感じたサラブレッドの美しさと勇気
  2. 懐かしい思い出のアルバム
  3. 世界地図に想いを馳せて
  4. 日本とAIの未来
  5. 少子化問題について真剣に考える

アーカイブ

凡眼

  1. 舞文曲筆

    5月の憂鬱
  2. 放歌高吟

    永遠のビーナス
  3. 放歌高吟

    Stay Home
  4. 放歌高吟

    翼を広げて
  5. 舞文曲筆

    華金の夜
PAGE TOP