世界地図に想いを馳せて

国名を暗記しようと思い、今日から毎日少しずつ勉強しています。最初は簡単な国名から始めて、今日はアジアの国々の名前を覚えることにしました。

最初は日本。母国なので簡単なはずでしたが、ここで躓いてしまいました。
日本には「にほん」と「にっぽん」の読み方があり、正式な呼び方が決まっていません。どちらで覚えるべきか二時間ほど悩んだ挙句、両方覚えておくことにしました。

次に、中国、韓国など、よく知られた国名を覚えました。次に、少し難易度の高い国名として、タイやインドネシア、フィリピンなどを覚えました。

しかし、これだけでは不十分だと感じ、もっと知識を深めたいと思いました。そこで、中東やアフリカの国名を勉強することにしました。まだまだ覚えきれていない国も多いですが、毎日少しずつ勉強していきたいと思います。

国名を覚えることは、ただ暗記するだけではなく、地理や文化など、その国について知識を深めるきっかけにもなります。これからも、興味を持った国名を調べていき、世界についてより深く知っていきたいと思います。

最近の記事

  1. 競馬場で感じたサラブレッドの美しさと勇気
  2. 懐かしい思い出のアルバム
  3. 世界地図に想いを馳せて
  4. 日本とAIの未来
  5. 少子化問題について真剣に考える

アーカイブ

凡眼

  1. 放歌高吟

    世間知らずの冒険者
  2. 放歌高吟

    空を見上げて
  3. 放歌高吟

    涙の理由
  4. 放歌高吟

    時代の流れに身をまかせ
  5. 舞文曲筆

    火災報知器の鳴り止まない日
PAGE TOP