火災報知器の鳴り止まない日

今日は、朝から火災報知器が鳴り止まず、非常に騒がしい日でした。突然の騒音に驚き、最初は何が起こっているのか分からずにいました。しかし、すぐに火災報知器が鳴っていることに気づき、パニックになってしまいました。

火災報知器は、煙や熱を感知して発動する安全装置です。しかし、今回は何も焦げ臭い匂いもせず、何も起きていないのに鳴り止まない状態が続きました。

私は、火災報知器の故障かもしれないと思い、建物の管理会社に連絡をしました。管理会社の担当者が来てくれて、火災報知器の配線をチェックしてくれました。結果、配線の接触不良による誤作動だったようです。

火災報知器は約2時間ほど鳴り続け、騒音に耐えるのが非常に辛かったです。

最近の記事

  1. 競馬場で感じたサラブレッドの美しさと勇気
  2. 懐かしい思い出のアルバム
  3. 世界地図に想いを馳せて
  4. 日本とAIの未来
  5. 少子化問題について真剣に考える

アーカイブ

凡眼

  1. 放歌高吟

    心のブレーキ
  2. 放歌高吟

    孤独のカケラ
  3. 舞文曲筆

    肉食会議
  4. 舞文曲筆

    充実した休日
  5. 放歌高吟

    誓いの鐘
PAGE TOP